アクセス解析やカウンターなどが無料で利用できる便利なサービスがウェブ上には非常に多く存在します。これらのサービスは非常に便利ですが、SEO上気をつけた方がよい点がいくつかあります。
その一つが<noscript></noscript>内の外部リンクタグです。
無料でツールを提供しているASPサービスの大半はサイトに貼り付けるタグに<noscript></noscript>で自社関連サイト(広告を含む)への被リンクを挿入しています。


このリンクが張ってあると以下のようなデメリットがあります。

ページのHTMLコードが少しだけ多くなる。
※ページ内のHMTLコードは少しでも短い方がよいです。

リンクジュースが外部リンク掲載分だけ減ってしまう。
※検索エンジンの評価対象の一つであるサイト内のリンクポイントが各ページから<noscript></noscript>内の外部リンク分だけ減ってしまいます。

サイト内のテーマの統一性が少し悪くなります。
※<noscript></noscript>内の外部リンクは大抵テキストリンクですが、そのテキストは基本的にサイトの内容と関係ないキーワードであるため、サイト内の文章のテーマの統一性が少し悪くなります。

キーワード頻度の調節に少し悪影響を及ぼします。
※文章の多いサイトではあまり影響しませんが、サイト内の文章に関係のないキーワードが入るため、サイト内に記載されている様々なサイトと関連するキーワードの重要性に少しずつ悪影響を及ぼす可能性があります。

利用するASPの規約に<noscript></noscript>内の外部リンクを外してはいけないという内容がないのであれば上記のようなデメリットがあるため外して使われることをお勧めいたします。

例:忍者解析の場合
<!--shinobi1-->
<script type="text/javascript" src="http://x5.buzama.com/ufo/xxxxxx"></script>
<noscript><a href="http://x5.buzama.com/bin/xxxxxx" target="_blank">
<img src="http://x5.buzama.com/bin/xxxxxx" border="0"></a><br>
<span style="font-size:9px">
<img src="http://img.shinobi.jp/tadaima/fj.gif" width="19" height="11">
<a href="URL" target="_blank">キーワード</a></span></noscript><!--shinobi2-->
<!--shinobi1-->
<script type="text/javascript" src="http://x5.buzama.com/ufo/xxxxxx">
</script>
<!--shinobi2-->

※ちなみに忍者アクセス解析などが行っているこのような<noscript></noscript>に被リンク用広告を掲載することをGoogleは公式にスパムだと表明しています。ASP提供側へのペナルティが今後あるかもしれませんが、掲載サイトがペナルティを受けることはないと思います。
SEOトリック | 2009/10/12(月) 06/04/41 | yoshiki