SEO対策の目的とは集客です。そして集客した閲覧者をどれだけリピーターにするか、顧客にするかはホームページのコンテンツに依存するわけだけど、コンテンツをシステムで構築する場合大抵はシステム制作・開発をフリーのプログラマーやシステム開発会社に依頼しないといけないわけです。
 ところがシステム開発を依頼したときの相場なんてなかなか分からない。そこで非常に簡易的ではあるけれど私の知る範囲内でシステム開発の相場を公開してみようと思います。


内容:ショッピングカート導入
概要:既存の一般的なカートシステムを基盤にECサイトの構築を依頼したり、ホームページに組み込んだりする場合。システム開発会社がパッケージとしてカートシステムを持っている場合もこの程度の価格帯になるかと思います。
適正価格:10万-50万
価格幅:10万-50万

内容:ショッピングカートシステム開発
概要:必要な機能・仕様を満たすために新規にカートシステムを開発する場合機能などにより価格が大幅に変わります。また大手システム開発会社などに依頼する場合下請け開発会社への外注費などが含まれ割高になる場合があります。
適正価格:50万-200万
価格幅:50万-200万

内容:CMS構築
概要:ホームページ全体をシステムで連動したCMSで構築する場合で、サイトの新着情報などのみを構築する場合は安価である場合もあるが、スケジュール機能などの内容が入ると大抵は50万を超えるものになります。なおシステム会社にCMSのパッケージがある場合などはまた価格が変わってきます。
適正価格:20万-150万
価格幅:20万-200万

その他の相場については気軽に

「こんなシステム開発ってどれくらいになるの?」って聞いてください。
私の分かる範囲でお答えし、このページで公開していきたいと思います。

<<項目説明>>
内容:アバウトな発注内容
適正価格:私が思うこれくらいが妥当だと思う価格
価格幅:内容により上下する可能性がある価格幅、この幅より上下すると内容の適当な納品や制作放棄、ぼったくりの可能性もあります。

<<システム開発を依頼するときのアドバイス>>

■的確な仕様を決める
システム開発を依頼する際、内容に不明瞭な点が多い場合は基本的にリスク回避のために値段が高くなります。また値段が低く個人に依頼した場合などは相手によっては割が合わなくなり放棄される恐れや、納品後に希望内容と成果物の相違でトラブルになるケースがあるのでシステム開発を依頼する前には細かい仕様について決めておいてください。
 システムの内容や構成が自分で決められない場合はシステム開発の企画から依頼できるところに頼むべきです。ただし価格は割高になります。

■システム開発後の更新作業を誰がするのか検討しておく
どんなに便利なシステムを作ってもらっても、結局知識不足のために放置されているいるシステムが非常に多くあります。システム開発後、更新作業などを誰がするのか?依頼側で更新作業を行うのであれば、自分達の知識レベルで更新が出来る仕様で制作してもらうことが重要ですし、依頼する場合は更新作業の量とその作業に対して更新作業費がどの程度かかるのかきちんと話し合っておくことをお勧めします。

■オープンソースでの納品かASPレンタルの違いを知る
自社にプログラマがいる場合はカスタマイズや細かい調節が可能なオープンソースでの納品がベストです。逆に自社にプログラマがいない場合はシステム障害やネット環境の変化があった場合に対処できなかったり、システムのカスタマイズを依頼する場合にオープンソースだと新規依頼となり非常に割高になるのでASPで提供してもらった方がシステムの運営がスムーズに行えます。
また、オープンソースでのシステム開発は公開してもよいレベルのシステム、ASPでのシステム開発は公開できない自社のノウハウを詰め込んでの開発となることが多いのでより高性能なシステムを求める場合はASPでのシステム開発をお願いした方がサポートお願い出来るので安心です。

 

※よいプログラマ・システム開発会社の見つけ方が分からない場合などはメールで気軽にご相談ください。またフリーのプログラマ・システム開発会社の知り合いも多いので予算や仕様などの条件を教えていただければ条件にあったフリープログラマ・システム開発会社をご紹介します。紹介は無料ですがウチのサイトへのリンクを張ってくれたり、焼き肉奢ってくれると喜びます(笑)

※関連する記事一覧
SEO対策、システム開発、HP制作で困ったら
雑記 | 2008/04/20(日) 16/10/21 | 管理人