企業のホームページなどの場合、どうしても複数の「ビックワード」を狙わなければならない場合がある。
 けれどSEOで重要とされている

・サイトタイトル
・H1,H2

に記載できる文字数は限られているし、キーワードの出現回数、出現頻度も重要度の高い順に設定することを考えるとTOPページの1ページで複数のビックキーワードを狙うのは無理がある。

回避方法として考えられる一般的な方法は

・「ビックワード」用のキャンペーンページを作成する
・「ビックワード」毎にTOPページ/カテゴリページを作成する

という方法があります。

実践しているサイトを1つ例にあげると株式会社MHPという会社様では

医師 求人
看護師 求人
薬剤師 求人

という「ビックワード」をそれぞれ別々のTOPページを用意し、各ページを狙うキーワード毎に最適化することで対策をしているようです。

その他によくある例では
「関東」と「関西」といった地域で分けたり、企業とユーザー用に別々のTOPページを用意したりといった分け方が一般的であり、キーワードに直結しているため効果が出やすいです。それぞれの業種やジャンル、戦略により最適な分散の方法はことなると思うので、複数のビックワードを狙う場合はよく考えて実践してみてください。

雑記 | 2009/07/20(月) 14/54/09 | 管理人