2年近くPING送信先一覧を整理していなかったので、久しぶりに整理してみました。

 1個1個チェックする度に憂鬱になります。ここ2年程でPING受信サービスは相当数が閉鎖しているようでした。

あなたも案外閉鎖したPINGサービスにPINGを送っていたりするかもしれませんよ。エラーが出てもSEO上問題はありませんが、無料ブログサービスでしたらPING送信設定数は制限がある場合もあり閉鎖しているサービスに枠を取られているのは勿体ないですし、MovabletypeなどのCMSを使われている場合は記事の更新が遅くなるので、この記事をご覧になられた方も是非自分のブログのPING送信設定を確認してみてください。
2010/11/07(日) 03/54/16 | yoshiki

よく周りから、


「Yahoo!の方が、GoogleよりSEOの難易度が高い」


って話をよく聞く。
特にSEOを割と本気で考えている方にそういう傾向が強い気がする。

2010/02/05(金) 21/09/26 | yoshiki

 企業のホームページなどの場合、どうしても複数の「ビックワード」を狙わなければならない場合がある。
 けれどSEOで重要とされている

・サイトタイトル
・H1,H2

に記載できる文字数は限られているし、キーワードの出現回数、出現頻度も重要度の高い順に設定することを考えるとTOPページの1ページで複数のビックキーワードを狙うのは無理がある。

回避方法として考えられる一般的な方法は

・「ビックワード」用のキャンペーンページを作成する
・「ビックワード」毎にTOPページ/カテゴリページを作成する

という方法があります。

実践しているサイトを1つ例にあげると株式会社MHPという会社様では

医師 求人
看護師 求人
薬剤師 求人

という「ビックワード」をそれぞれ別々のTOPページを用意し、各ページを狙うキーワード毎に最適化することで対策をしているようです。

その他によくある例では
「関東」と「関西」といった地域で分けたり、企業とユーザー用に別々のTOPページを用意したりといった分け方が一般的であり、キーワードに直結しているため効果が出やすいです。それぞれの業種やジャンル、戦略により最適な分散の方法はことなると思うので、複数のビックワードを狙う場合はよく考えて実践してみてください。

2009/07/20(月) 14/54/09 | 管理人
RSSナビってのに当サイトのRSSを登録してみた。このサイトはRSS情報を検索するサイトらしくGOOGLページランクも非常に高いのでリンクを張ってくれたら・・・と思ったのだけど有効な形ではさすがにリンクを張ってくれないようだ。とはいってもこれからのSEOはRSSリーダーの読者数も重要になってくるかと思うので登録しておいて損はないだろう。
2008/05/16(金) 02/17/49 | 管理人