サイト名の命名について


サイト名の命名はサイトの命運を決める程の重大要素です。サイトを作ることは決めたけれど、サイトタイトルが決まらず何日もサイトタイトルだけを考えている人も少なくないはず。
そしてサイトタイトルは同時にSEO的な観点からも最重要項目の一つです。SEO対策を考えた上でのサイト命名方法には4つの命名方法があります。
※命名法については管理人の独断と偏見的名称となっています。


1、キーワードぶっこみ命名法(SEO対策キーワードを盛り込んだサイト名)

SEO関連書籍などに書いてあるサイト命名法。当サイトでは「SEO」というキーワードを含めて「SEOトリック」という名称にしました。対策キーワードを1つ、可能であれば2つ以上盛り込むことでそのキーワードに対し非常にSEO効果が高くなります。また何のサイトなのかサイトの趣旨がとてもわかり易いので情報を求めている人は検索結果からすぐにクリックしてくれる可能性があります。しかし、サイト名が平凡かつツマラナイものになりがちな上、利益目的の業者のサイトとして認識される可能性もあります。

2、シンプル命名法(シンプルで短いサイト名)

イザなどがよい例ですが、サイト名はシンプルで短いものにして、タイトルタグに補足文としてキーワードを盛り込んだときのキーワードに対するSEO効果を高めるときに非常に効果的です。各コンテンツのカテゴリが多岐にわたるサイトなどではこういったサイト名が非常に効果的です。


各記事ページにおいて記事タイトルがSEOキーワードとなり、サイト名は短いので余計なキーワード挿入を防ぎます。


3、ブランディング命名法(ブランディングを重視したサイト名)

SEOは無視、むしろ俺のサイト名こそが唯一無二のSEOキーワードだ!という名前の付け方。サイト名が有名になればサイト名で検索した結果ページは全て自分のサイトか、自分のサイトにリンクを張ってくれている関連サイトで埋め尽くすことができる。ただしサイト名が売れなければ全くもって無意味。最強であり最弱な命名法

4、キーワードブランディング命名法

1~3までの全てのキーワードを盛り込んだ最強のサイト命名法
キーワードを含み、独自ブランドを構築可能で、短いサイト名。こんなサイト名を思いついたらそれだけでサイトを作ってしまいたくなる。

ちなみに命名法は僕が勝手に名前をつけました。



HTMLタグ | 2007/12/28(金) 17/46/48 | 管理人