リンクタグの属性に 「rel="nofollow"」なるものがあります。簡単に言うとブログのコメントやトラックバックスパム対策として、GoogleやYahoo!,MSNといった大手検索エンジンが「rel="nofollow"」がついているリンクを、検索結果の評価の対象に含まないという設定をリンクタグに追加するというものです。

 これは本来スパム対策の為のタグですが、SEOの基本的な常識として1ページからリンクを張る数が多ければ多い程、1リンクに対するSEO的な効果が薄れるてしまいます。そこでサイト内、サイト外にSEO効果の高いリンクを上手に流しこむためにSEOに不必要なリンクには「rel=nofollow」タグを付けることをお勧めします。
 
 特に広告などのリンクに対してはアクセスを送るべきではありますがSEO効果を送ることになんの意味もありません。また、一部のアダルトサイトなどで自動登録リンク集などと形だけの相互リンクを大量に掲載する場合なども有効だと思います。
 
 ただ、決して相互リンクサイトなどへのリンクには「rel=nofollow」タグはつけないようにしてくださいね、相手にバレたときは一生相互リンクしてもらえないでしょうし、第一モラルの問題ですから。またこの「rel=nofollow」のSEO対策としての使い方は公に認められた方法ではありませんのでスパムにはならないと思いますが、常識の範囲で利用してみてください。

※関連する記事一覧
SEO用語:nofollow(ノーフォロー)
アメーバーブログはコメントリンクのnofollowがない
HTMLタグ | 2008/04/18(金) 04/13/32 | 管理人